目だたない歯の治療をしてもらう

2016/06/25

金属のかぶせものをすることが多い

大人になってから、虫歯になってしまうと、治療が大がかりになることが多く、金属のかぶせものをする必要が出てくることが多いです。

金属のかぶせものをすると、虫歯の部分を削ったあとを埋めることができて、便利なのですが、口を開けたときに、金属部分が目立ってしまいます。

そのため、金属のかぶせものをしている人には、大きく口を開けて笑うことができないという人も多いです。

そこで、最近では、料金をかけると、歯医者によっては目だたない歯の治療をしてくれるところもあります。

目立たせない分の料金がかかる

目立たない歯の治療をしてもらうときには、本来なら金属を使用する部分に、セラミックを使用したりして、できる限り、詰め物やかぶせものをするときには、歯の色に近いものを使用して、治療をします。

歯の色に近い素材は、特別仕様になりますので、目だたない歯の治療をするときには、多少の料金がかかってきます。通常なら使用しない材料を使って、治療をしてもらうので、保険外診療となってしまうことが多いので、価格が高くなってしまうのです。

一生使うことが可能になる

金属のかぶせものをしているときには、虫歯の治療は済んでいるといっても、いずれ不具合が出てくることも多いです。そのため、治療が終了しても、数年後には、また同じ場所を治療する必要が出てきてしまったりするのです。

その点、費用をかけて目だたない歯の治療をしてもらった場合には、丁寧に治療を進めてもらうことができますし、詰め物をしても、一生使用することができます。

一見すると、虫歯があったとはわからないほどになりますので、口を開けることも気になりません。

歯のセラミックの料金は、かなりの高額になります。より良い歯を実現するために、価格は歯に合わせて変わってきます。

/